雑観練習帳

ニュースの現場で思うことつれづれ

猛烈にロジ

f:id:uprazhnenie:20080504013725j:image:w360:right
 こちらに来てから、仕事のアウトプットがない日はあれどロジに関わらない日はないといってよいのです。これには様々な事情があって、足がなかったり(車と運転手のことです)、毎日2時間は掃除していたり(結局当地の人に掃除をおまかせするのは無理なんですかね)、まあいろいろとあります。駐在員の途上国生活はロジに始まりロジに終わると言っても過言ではないのです。まして少人数事務所ならなおさら。
 仕事もあって遅れに遅れて、到着からほぼ3週間後に荷物が届いたのですが、数日が経過してもまだこんな感じ。
 毎日仕事をしながら夜は片付け&掃除という生活に、ちょっと疲れてきました。掃除グッズを買いに行くのにまた手間がかかったり(お店が午前中で閉まってしまい、また夕方から開くという困った開店時間なのですよ)、食材をたくさん持ってきたけれど、その前にまず台所を全部きれいにしないと、料理する気にならないんですよね。
 自分がこんなにきれい好きだとは思わなかった(むしろ逆という指摘もあり)けれど、要は「散らかっているのと不潔なのは違う」ことだろう、と思ったりもしている。
 まぁ熱力学の第2法則で、散らかっているのをメンテナンスしないと、簡単に汚い方に転化していってしまうわけですが。
 成果主義といいますが、こういうことは誰も点数化しないわけで、本来はやればやるほど損な話。しかし点数がほしいから当地に来たわけでもなく、何代か続いた当地のあるじを批判するつもりもさらさらなく、とりあえず仕事を確実に遂行し、後代に引き継ぐには人的、物的環境整備がどうしても必要だから手をつけているだけなんですが。
 予想外にうまくいきそうなロジ業務もあり(詳細略)、財布の都合もあって難航しそうなロジ業務もある(これも詳細略)。今後最大の難関は、案外インターネットの高速化かもしれないなぁ。