読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑観練習帳

ニュースの現場で思うことつれづれ

家が欲しいな

呟き

 いまは立派な家に住んでいるのだけれど、やはりなじめない。
 急に、家が欲しい、家を買おうと思い始めた。都心のマンションではなくて、地に着いた家で、あまり生活臭のしない、どちらかといえば趣味と充電のための家。
 できれば都会ではなくて、伊豆とか箱根とか、北海道とか、山梨とか、どこでもよいのだけれど、人里とは隔絶しておらず、インターネット(ADSL)とか標準的な行政サービスがきちんと受けられる場所で、他人に気遣いせず週末に好きに遊び、好きに使える場所が欲しいと思う。
 生活を考えると東京から車で行けるる距離が便利だろうと思うけれど、酒飲みである自分のことを考えると、電車が走っている駅からそう遠くないところである必要もあるから、場所は限られる。
 もちろん予算も限られているのであるが…。こんなことを考えるのは、ちょっと疲れているからなんだろうか。
 別に休暇が欲しいとは思わないけれど、毎日同じスタッフと顔を合わせるというのは、案外難しいものだと思う(別に彼らが悪い人たちだというわけでは勿論ないけれども、濃すぎる関係というのは日本人同士であっても実際難しいのである)。もう少し事務所に人数がいた方がいいんじゃないかと思うが、それが関係を複雑化することもあり得るし、何より現在の業界事情を考えると、財布が…。