雑観練習帳

ニュースの現場で思うことつれづれ

グッバイ・レーニン

グッバイ、レーニン! [DVD]

グッバイ、レーニン! [DVD]

 ドイツ映画なんです。コメディなんですが、微妙にコメディでない。東ドイツの西への「併合」とそれに伴うアイデンティティの喪失をテーマにしている。主人公の母親のような人物が実在したとは思えない(北朝鮮とは違い、東ドイツ市民は、かなり早くから東西の経済格差と、「東」で宣伝されている西側像が半ば虚構であることも知っていたから)けれど。
 人はパンのみに生きるにあらず。たとえ間違っていたとしても、よりよい社会を夢見て努力し続けた人々を、「過去の遺物」とだけ切って捨てるようなことは、自分はしたくない。それもこの映画の隠れたテーマの一つ。
 自分が「社会主義が好き」だと誤解されても困る(日頃暮らしているとよくある)けれど。。。