読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑観練習帳

ニュースの現場で思うことつれづれ

一日二件の酒を飲み

書評・映画・音楽 呟き

 肴は特に、こだわらず。。。ってわけじゃないですが。
 今日はとても重要な飲み会に2件出席。朝から晩まで話していたような気がします。
 昼の幹事さんも、夜の幹事さんも、どうもありがとう。ぜひ年が明けたらまた飲みましょう。
 そして昼の主賓さん、おめでとう。

 時に、ブログも更新せず、原稿も書かず、何をやっているのかといえば、本を読んでいます。
 「下流社会」「昭和33年」「朝鮮半島『核』外交」「ワーキングプア」「インテリジェンス 武器なき戦争」「テポドンを抱いた金正日」。。。みーんな新書だ。
 最近の新書は粗製濫造といえば言い過ぎなんだけど、全く読み応えがなくて、良くないと思う。重村氏の「朝鮮半島『核』外交」は新幹線の車中で読み終わってしまいました。
 氏の「北朝鮮体制=国体護持至上」論は現在では必ずしも目新しくないと思いますが、分かりやすく説明されていた。北朝鮮の経済規模の小ささを強調するのは、奇しくも和田春樹氏と全く同一主張なのだが、そこから導き出される対処方針が全く違う、というのが「学問としての政治学(=政治学者)」と「政策科学としての政治(=政治家、外交官、ジャーナリスト)」の相違を際だって浮き彫りにしており、興味深い)
 私自身は、「陸軍軍人というのは一般的に保守的なもの」だと思っているので、核がらみの暴発というのは考えにくいような気がしますが。

 暇があればそれぞれ書評を書くことにします。上京日程とかの事務連絡は今後、一定期間が過ぎたらホームページの日記の方に移すことにします。