雑観練習帳

ニュースの現場で思うことつれづれ

もう30?まだ30?

 尊敬する上司と酒を飲んだ夜。「もう30(歳を)過ぎでして。。。」というと、「まだ30そこそこ?」と驚かれた。
 そういう組織に、僕は棲んでいる。それは悪いことではないと思う。年功や経験を重んじるのは、とても大事なことだ。安定しない組織では、人は安定して働くこともできないし、家庭や生活を紡いでいくことも難しいと思う。
 でも、市井の波を見ていると、少し焦りがないでもない。そんな夜だった。
 小旅行に出ていたり、本来業務多忙のためしばらくブログ更新をお休みしていました。ブログを見ている方で「最近更新が少なくて残念」という方を含め、席上いろんな方からコメントをいただきました。友達が多いわけではない小生としては感謝に堪えません。
 最近、本来業務が増えて更新が難しくなればなるほど、ブログのあり方を考えないわけではありませんし、もともと大上段の正論、政論、メディア論ブログを目指しているわけでもありません。
 批判や「荒らし」への対応を含めて、そんなことは私の手に余りますし、正直勤め人のボランティア活動としてはつらいものがあります。さらに、私的なことは別のweb日記に書き込んでおりますし…。
 そういうわけで、感謝と同時に、今後、もう少し身近なこと、そして身近な反響も大事にしたいな、と思うひとときを過ごしました。頻度の粗密はありますが、会社にばれない限り(笑)書き続けますので、よろしくお願いします。