雑観練習帳

ニュースの現場で思うことつれづれ

尼崎事故の私見まとめ

 【現場の責任は限定的だ】今回亡くなられた運転士の方も含めて、JRだって現場の人間は、「事故を起こさず、できるだけ稼ぎたい」、という、企業人としてごく当たり前のメンタリティを持ってまじめに働いているのだと思います。
 しかし、現場のつらさは察するに余りあります。

 【人間の注意力には限界】ただ、人間の注意力に頼る仕組みというのは、どこかで必ず破綻が来ます。これは人間がやっているから避けられない。確率的に事故は決してゼロにはならない。
 それを多く残しすぎていたことに問題があったのかも知れません。
 逆に、完全に自動化すると、人間がたるむのでダメという話もあります。
 運転士、飛行機ならパイロットが一番前に乗っているから、命を預ける、ということもあるのでしょう。無人で勝手に動く飛行機や電車は、やっぱ乗りたくありません。

#しかし大阪のJRのダイヤは、特に尼崎と西九条は乗客の利便を考え抜いた「曲芸」だと思っていて、実際業界内ので讃辞も高かったようですが、余裕時分含めて、あんなにギリギリで運営しているとは正直知りませんでした。東京の電車では考えられん…

【経営者には予見する責任が求められる】経営者だって限られた経営資源の中で、できるだけ収入を上げたい、別に事故を起こしたいと思って経営している人はおりません。

 しかし、経営者は事故のリスクやあらゆる可能性を見通すことが経営の責任(その代わりに高い給料をもらっている)に含まれますから、また現場とは責任の
重さが違うように思えます。たぶん国鉄時代からの組合争議の遺物だと思いますが、古い労務管理のあり方を残し、現場の空気を悪くしていたことには責任があ
ると思います。

 【資本主義の中で社会主義はやれない】 事故の確率を下げるために安全装置を付けたりするのでしょうが、それにもお金がかかる。運賃はむやみに上げられない。初乗り1000円じゃ誰も乗らない。 でも近代化してサービスを上げなければ稼げない。

 だから国鉄はつぶれちまったわけです。資本主義の中で社会主義をやっていたらつぶれるにきまってます。

 国鉄は金が無くて、組合争議ばかりしていて、人間も採用できず、安全装備にも金がかけられない時代がありました。民営化されてからその稼ぎでぼちぼちと安全装置を取り付けていたところに、事故が起こったわけです。

 【巨大システムの運営は果たして営利企業になじむのか】
 私は原発を作るなら国有化するべきだ(電車はともかく、原発は国策で建設しているのに、事故を起こしたときに民間企業では責任が取れないから)、と思っ
ているのですが、この前原発を運営している人と会ったらやっぱり事故の話になって、「巨大システムを扱う民間企業、というのは悩みが深いですね」としみじ
み語りました。